弁護士に相談?誹謗中傷対策は法律を上手く利用しよう

泣き寝入りする必要はない

インターネット上の誹謗中傷は、インターネットに存在する掲示板を管理するユーザーの一存によってどうにでもすることができます。これは、決して良い意味だけではなく悪い意味で合っても同じです。例えば、掲示板に掲載されている誹謗中傷をサイトの管理人が削除してくれないケースも実際に存在します。もちろん、こうした状況であっても泣き寝入りなどをする必要はありません。弁護士に相談することで、インターネット上の誹謗中傷の対策は可能だからです。

誹謗中傷は法律で処理できる案件

誹謗中傷は、どんな形で合っても犯罪行為です。ただ、暴行や傷害などと異なって警察が積極的に捜査をして逮捕できる案件ではないので、実際に相手に対して制裁を与えるためには自身で行動しなくてはいけません。そのために重要になるのが、誰でも相談できる弁護士という存在なのです。弁護士に相談するとお金や相談で時間をとられてしまうと考えてしまっている人も多いですよね。けれど、弁護士へのインターネットに関する軽犯罪の相談は基本的に無料で行ってくれるので、時間も費用も必要にならないことが大半なのです。

相手を特定して責任をとらせる

弁護士を利用することがなぜ誹謗中傷対策として役立つのでしょうか。それは、誹謗中傷の書き込みを行った人物を特定することができるからです。インターネット上に書き込みを行っている人は、プロバイダという会社を通して書き込みをしています。ですから、プロバイダに連絡を取ってIPアドレスや書き込み時間などから誰でどこでその書き込みをしたのかを特定することができるようになるわけです。これを利用すれば、あとは民事の法律で社会的な責任をとらせることができます。

2ちゃんねる削除の目的は、ネット上の事実無根の情報から、いわれもない差別・誹謗中傷から守ることが最大の目的なのです。