インターネット上でプライバシー情報を簡単に掲載しないよう注意!3つの約束

登録作業は最低限かつ慎重に

インターネットが普及したと同時に、簡単にプライバシー情報が漏洩するようになりました。そのため、インターネット上の登録フォームの利用は細心の注意が必要です。『ここでの登録は必須。』であったり、『どうしても知りたいことがある。』などの理由でもない限り、登録は避けると良いでしょう。『何となくだけど、登録しておこう。』などの曖昧な理由であるのなら登録する必要はありません。こういった登録フォームには、不正利用を目的として用意している企業や個人がいるため、注意しましょう。

覚えのないメールは全部無視

『誰かのメール?』というような身に覚えのないメールは、無視する必要があります。こういうメールを『迷惑メール』または『スパムメール』と言い、悪徳サイトに誘導するリンクが貼付けられていることがあります。そのリンクを一度クリックしてしまうと、詐欺まがいな言いがかりをつけられる、ハッキングされる等、犯罪に巻き込まれることがあるので注意しましょう。最悪なケースとして、メールを開封しただけでハッキングされるようなこともあり得るので、定期的にメールアドレスは変更すると良いでしょう。

パスワードは統一化してはいけない

『すぐに忘れてしまうから。』という理由で、あらゆる登録情報に対するパスワードを統一化する人が非常に多いです。これでは、もしパスワードが1箇所で流失した場合、そのパスワードを利用すれば、すべての登録情報が流失し、不正に利用される可能性があるので注意しましょう。登録箇所毎にパスワードを変えておくと良いプライバシー対策になります。さらに、パスワードは複雑にしておき、メモ等に残さないようにすると、ほぼ安全と言えるでしょう。

シュレッダーは、今や個人情報を扱うオフィスでの基本機器となっています。家庭用も販売され、犯罪防止のために購入する方も多いです。